時計修理についてよくある質問をまとめてあります。基本的なご質問から機械式時計、クォーツ式時計についての質問など。

よくある質問と回答

このページでは、当社に寄せられたお問い合わせの中から多かったご質問にお答えしております。「基本的なご質問」「時計の状態についてのご質問 機械式腕時計 / クォーツ式腕時計」に分けてご紹介しています。

基本的なご質問

  • なぜオーバーホールが必要なんですか?
    • 機械式時計の内部では数百の金属製パーツがひしめき合って連動しています。長年使っていれば部品の磨耗は進みますし、使用していなくても油は劣化していきます。防水加工が施されていても、ゴム製パッキンが劣化したり、湿度の変化などで少しづつ錆びていきます。特に異常がない場合でも、定期的にオーバーホールを行いメンテナンスする ことで、時計の寿命が尽きることなく、長年使っていただけます。
  • オーバーホールを行う頻度はどれくらいが良いでしょうか?
    • クオーツ式腕時計は4~5年に一度、機械式腕時計は3年に一度はオーバーホールを行いましょう。定期的な点検・注油を行わないことで重要なパーツの摩耗・故障・欠損を引き起こした場合、余計に修理費用がかかってしまう場合がございます。
  • どんな時計でも修理していただけますか?
    • コピー商品や改造腕時計の修理は原則お断りしております。ほか、故障の状態によりますが、ブランドによっては偽物対策のためにパーツを社外に出していなかったり、アンティークのためパーツが手に入らないなどのケースで残念ながら修理をお断りする場合がございます。これらは状態やブランドによりますので、まずはお気軽にご相談ください。
  •  コピー商品の修理はお願いできますか?
    • 大変申し訳ございませんがコピー商品の修理はお断りしております。もし、お客様自身がコピー商品とご存じなかった場合でも、コピー商品であることをお伝えし、ご返却いたします。
  • メーカー修理より安く抑えられますか?
    • 大半はメーカー修理よりも安く済みます。ただし、純正パーツへの交換が多い修理になりますと、メーカーと同じくらいか、場合によっては高くなってしまうことがあるかもしれません。

 

時計の状態についてのご質問

機械式(オートマチック)時計の不具合

  • 時間が進む・遅れる
    • 内部の油切れや汚れが主な原因です。また、気温により夏はやや遅れ、冬場はやや進みがちです。機械式時計はクォーツ時計と違い、日に±10~30秒前後のズレが生じますので適度な調整が必要ですが、一日単位で秒数のズレが著しい場合はオーバーホールが必要な時期です。
  • 動かなくなった。
    • 内部のパーツが破損・故障したことが考えられます。香箱内のゼンマイが切れたりパーツが外れていたり状態は様々です。ウォッチ工房では、お見積り時に故障箇所の確認をさせていただき、事前に費用をお伝えしてご了承を頂いてから修理に取り掛かります。
  • 時間が急に進む
    • 内部の香箱に収められたヒゲゼンマイが絡んだり汚れが付着したりしてリズムに狂いが出ていることが考えられます。オーバーホールに加え、パーツの交換が必要な場合があります。
  • 着用直後は動くが、すぐに止まってしまう
    • 内部パーツが摩耗しているかもしれません。油切れや汚れもあるでしょう。オーバーホールはもちろんですが、パーツによっては交換が必要かもしれません。

 

クォーツ式腕時計の不具合

  • 2秒、4秒ずつ秒針が進む。
    • 電池切れのサインです。電池交換で正常な動きに戻ります。
  • 液晶画面が壊れました。修理していただけますか?
    • 液晶パーツの故障や損傷、デジタル時計の故障につきましてはメーカー修理となります。
  • リューズを回しても手応えがない。時間調整できない。
    • リューズそのものの不良、またはリューズと連動する歯車やレバーの不具合などが考えられます。リューズ周辺の修理だけで済む場合もありますが、オーバーホールが必要な場合もあります。

line

時計修理のウォッチ工房トップページへ
時計修理のウォッチ工房へのお問い合わせ078-331-2848